Loino×鳥取県 「とっとり副業・兼業プロジェクト2021」
~鳥取県で週1副社長~ 開始

5月24日より特設サイトにて求人情報を公開、100名100社のマッチングを目指す

 総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長井 利仁)が運営する地方特化型副業マッチングプラットフォーム「Loino(ロイノ)」( https://loino-p.jp/ 、以下Loino)は、地域企業の経営課題解決を目的とし、鳥取県と「とっとり副業・兼業プロジェクト2021」を推進することになりましたことをお知らせいたします。
 なお、524日より特設サイトに求人情報を掲載し、募集を開始する予定です。

■鳥取県の関係人口創出事業『とっとり副業・兼業プロジェクト2021』とは

 鳥取県は、県内中小企業が「攻めの経営」に転じていくために、販路開拓、海外進出、IT化等のビジネス戦略を実現するビジネス人材の活用が必要と考えています。そこで、都市部からの副業・兼業のビジネス人材を活用して、攻めの経営に取り組んでいくための意識啓発を図り、人材活用の新たな仕組みづくりにつなげるために、本プロジェクトを発足いたしました。

■パーソルグループのノウハウとリソースを生かし、鳥取県の関係人口創出を促進

 移住・転職せずにリモートでも貢献できる“地方副業”を支援する地方特化型の副業マッチングプラットフォームである「Loino」は、都市部に勤務する経営企画、マーケティング、新規事業開発、人事、ITWEBをはじめとする企画系の専門人材を中心に多くの副業希望者にご登録いただいております。本プロジェクト実施にあたり、鳥取県専用の「Loino」特設サイトを開設し、また、グループ企業パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」(https://ix-portal.jp/)とも連携し、鳥取県の企業で副業・兼業を希望する人材を募集・マッチングを促進します。
 今回の連携により、自らのスキルを地域貢献に生かしたい副業人材と、外部人材を受け入れて課題を解決したいという鳥取県の企業をマッチングすることにより、関係人口※1の創出・増加、人材流動化やスキルシェアにつなげ、地域経済の活性化に貢献して参ります。
1 関係人口とは:移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のこと。 出所:「総務省 地域への新しい入り口『関係人口』ポータルサイト」 http://www.soumu.go.jp/kankeijinkou/

■事前登録受付中!

  鳥取県での副業にご興味をお持ちの方は、あらかじめご登録いただければ、募集開始時にご案内いたします。ご登録の際、「希望する地域」欄で「鳥取県」をご選択ください。
URLhttps://loino-p.jp/register

■鳥取県について 

< https://www.pref.tottori.lg.jp/ >
 平成28年に成立した地方分権一括法により、地方自治体が「地方版ハローワーク」を自由に設置することが可能となったことから、鳥取県では県の産業施策、移住施策等と一体となった職業相談・紹介を行う「県立ハローワーク」を東京・関西及び県内4箇所に設置しています。
 「県立ハローワーク」が地域企業の経営課題の解決や成長戦略のために必要な人材のニーズを掘り起こす「プロフェッショナル人材戦略拠点事業」を実施し、「副業・兼業人材」をはじめとするビジネス人材と地域企業のマッチングを行っています。

参考)

地方特化型副業マッチングプラットフォーム「Loino(ロイノ)とは

 「Loino」は、移住・転職せずにリモートでも貢献できる“地方副業”を支援する地方特化型の副業マッチングプラットフォームとして、2020127日(月)にオープンβ版のサービスを開始しました。都市部に勤務する経営企画、マーケティング、新規事業開発、人事、ITWEBをはじめとした企画系の専門人材をメインターゲットに“地方副業”のマッチングを目指します。

■パーソルイノベーション株式会社について

https://persol-innovation.co.jp/
 パーソルイノベーション株式会社は、パーソルグループの次世代の柱となる事業創造を目的として、20194月に事業を開始しました。テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY(テック プレイ)」、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」、シフト管理サービス「Sync Up(シンク アップ)」をはじめとした新サービスを運営するとともに、新たな事業開発やオープンイノベーション、デジタルトランスフォーメーションを推進、パーソルグループのイノベーションを加速していきます。

本件に関するお問い合わせ

パーソルイノベーション株式会社 広報室
TEL:03-6757-4259 | お問い合わせ

はてなブックマーク
Mail
ニュース一覧へ戻る