イーデザイン損保の『イーデザイン共創スタジオ』 公式パートナーにlotsfulが選定!

~副業人材チームによる『イーデザイン共創スタジオ』始動~
新規事業としてDX改革プロジェクトを推進する副業人材をlotsfulで公募開始

 総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 広敏)が運営する副業人材マッチングサービス「lotsful(ロッツフル)」は、イーデザイン損害保険株式会社(URL:https://www.edsp.co.jp/ 本社:東京都新宿区、取締役社長:桑原 茂雄、以下イーデザイン損保)の、『イーデザイン共創スタジオ(e-design Co-creation studioeCs』)』の公式パートナーとしての支援開始ならびに、イーデザイン損保の新規事業に関わる副業人材を2021330日(火)から公募します。「lotsful」の支援する副業人材とイーデザイン損保は、これまで新規事業プロジェクトの実証を重ねており、今回が初めての公募となります。
公募ページURLhttps://lotsful.jp/jobs/250

■損害保険マーケットにおいて、お客さま体験を充実させるDX改革プロジェクトを推進

 人口減少や若年層のクルマ離れ、サブスク型の自動車購入モデルの登場などの社会的な変化を背景に、自動車保険マーケットは今後大きく変動することが予測されます。また、あらゆる分野においてデジタル消費が加速し、保険の購入も「代理店経由」から「オンライン」に移っていく今後、ネット保険マーケットはむしろ拡大すると予測しています。イーデザイン損保は、東京海上グループで唯一ダイレクトチャネルに特化し、マーケットの波を先取りする需要の開拓に取り組んでいます。例えば、その新しい需要の一つに挙げられるのは、「事故が起きた後の保険」から「事故に遭わない・起こさないためのサービス」。AIやデータサイエンスなどの先端テクノロジーを有効活用し、運転中の事故にとどまらず、モビリティ全般におけるリスクに向けたサービスを提供できないかと考えています。
 イーデザイン損保では、これまでは社内人材だけでマーケティングや商品開発を担ってきましたが、デジタルネイティブ層の拡大やコロナ渦によるデジタル環境の変化、デジタル技術の加速度的進展など目まぐるしく変化するビジネス社会をリードし、いち早くお客さまに新しい価値をお届けするために、多様な専門性と経験を持つ副業人材が集うチーム「イーデザイン共創スタジオ(e-design Co-creation studio『eCs』)」を新たに発足して、DXを高度に加速させていきます。

■イーデザイン損保の新規事業に関わる副業人材を「lotsful」で初公募

 「イーデザイン共創スタジオ」では、多様なフィールドで専門知識を有する副業人材で構成されたチームとして、主に事業構想段階を担い、自由な発想でサービスやプロダクトの企画・開発を目指します。特に、東京海上グループの中でもダイレクトチャネルに特化した強みを生かして、AIや先進技術を先取りした「デジタル価値創造」を実現するためのオープンイノベーションを推進します。
 イーデザイン損保では、副業人材を「自社内にはない知見・ノウハウを持つプロフェッショナル」と捉えています。そのような知見・ノウハウを集結させ、これまで自社内だけでは出てこなかった発想やアイデアをスピーディーに形にしていく為に、これまで「lotsful」の支援する副業人材とイーデザイン損保で、新規事業プロジェクトの実証を行なって参りました。
 この度、複数の新規プロジェクトにおいて、より新規事業を加速させていくために、「イーデザイン共創スタジオ」を新たに発足し、副業人材の公募を「lotsful」で開始します。今後も本プロジェクトにおける取り組み、成果を発信して参ります。

公募ページ:
https://lotsful.jp/jobs/250

■イーデザイン損害保険株式会社 取締役社長 桑原 茂雄氏 コメント

 保険の購入が「代理店経由」から「オンライン」に移っていくなか、私たちはD2Cを加速させていきたいと考えています。具体的には、”ファンクション”ではなく”ストーリー”を訴求して、保険を購入していただくことが重要です。その実現のためには、さらなる保険のデジタル化や新たな顧客体験の創出が必要であり、それらを推進させるために「DX改革プロジェクト」を進めています。 
  保険という商材を長年扱っていると、「保険は特別だ」、「ややこしいのが当たり前」という考えが、染み付いてしまうことがあります。新しいアイデアを作り出そうとしても、いつの間にか“保険の頭”になり停滞してしまいます。副業人材が集うチーム「イーデザイン共創スタジオ」で、様々なバックボーンを持つ方と一緒に考えることが私たちの学びとなり、業界が変わっていくきっかけになると考えています。

■パーソルイノベーション株式会社 lotsful 代表 田中 みどり コメント

 2018年の「副業元年」から始まり、働き方改革やコロナ禍の影響でリモートワークが進み、大手企業の副業解禁や、副業者の受け入れが徐々に増えつつあります。また、事業ライフサイクルの短期化や、個人のニーズの多様化が進む中で、大手企業も昨今、新規事業に積極的に取り組む企業が増えています。新規事業に必要な事業開発ノウハウや様々なドメイン知見などは、自社内だけで確保するには難しく、今後は様々な場所で活躍するノウハウを持つ多様な人材を、いかに巻き込み、共に事業化実現のスピードをあげていくかが重要になってくると思います。本プロジェクトでも、副業人材と共に、新たな事業を生み出せるようにチャレンジして参ります。ご一緒いただける方のご応募をお待ちしています!

■「lotsful」の特徴

<副業人材へのメリット>

https://lotsful.jp/ 

(1)非公開案件も!多数のキャリアアップにつながる案件

「lotsful」は企業側の副業受け入れに関する啓蒙を積極的に行っています。事業開発、営業、マーケティング、人事、広報、経営企画など、ビジネス職を中心に多様な案件を取り揃えています。

(2)専任タレントプランナーによる無料カウンセリング

これまでの実績やスキルについて、他社でどのように活用できるかを専任のタレントプランナーが無料カウンセリングを実施。副業未経験者も安心してチャレンジが可能です。

(3)週1回〜OK!柔軟な働き方が可能

週1回から原則リモートでチャレンジできる案件がほとんどです。週に1回・4時間からなど、柔軟な働き方で副業をスタートすることが可能です。

<副業受け入れ企業側へのメリット>

https://lotsful.jp/brand/lp

(1)豊富なノウハウをもつ人材の活用

スキルアップや事業貢献を目的にした豊富な経験や実績を持つ人材をターゲットにしているため、社内のリソースでは不足している分野に関して、領域ごとに確立・洗練された事業運営ノウハウを活用していただくことが可能です。

(2)質の高いマッチング

大手企業・ベンチャーの両方に精通した専任タレントプランナーによるスキルアセスメントと目利きにより、各社のニーズ・課題や事業フェーズにフィットする人材を高い精度でマッチングします。

(3)初期コスト・成功報酬不要

初期費用・成功報酬費用は発生しません。タレントの稼働費用のみで、業務切り出しから募集掲載、契約手続きまで一連のサービスを利用することができます。

(4)副業受け入れが初めての企業も安心!プロによる仕組化支援

業務切り出しのサポートから、副業スタート時の煩雑な契約周りまでパーソルの豊富な人材支援ノウハウを活かしたオンボーディングサポートを実施。契約関連・労務管理等、副業人材活用の仕組み構築まで支援します。(契約形態は業務委託となります。)

■パーソルイノベーション株式会社について

https://persol-innovation.co.jp/
 パーソルイノベーション株式会社は、パーソルグループの次世代の柱となる事業創造を目的として、2019年4月に事業を開始しました。テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY(テック プレイ)」、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」、シフト管理サービス「Sync Up(シンク アップ)」をはじめとした新サービスを運営するとともに、新たな事業開発やオープンイノベーション、デジタルトランスフォーメーションを推進、パーソルグループのイノベーションを加速していきます。

■「PERSOL(パーソル)」について

https://www.persol-group.co.jp/
 パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。

 また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

 

本件に関するお問い合わせ

パーソルイノベーション株式会社 広報室
TEL:03-6757-4259 | お問い合わせ

はてなブックマーク
Mail
ニュース一覧へ戻る