パ・リーグ主催試合動画を使い、野球を盛り上げる動画コンテンツを制作
「パーソル パ・リーグTV 野球動画クリエイター選手権」開催

元北海道日本ハムファイターズ 森本 稀哲 氏がゲスト審査員に就任

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 広敏)が運営する「TECH PLAY(テックプレイ)」は、パシフィックリーグマーケティング株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:根岸 友喜、以下 PLM)と共同で、2020年のパ・リーグ主催試合動画データを活用し、野球を盛り上げる新たな動画コンテンツを創出する「パーソル パ・リーグTV 野球動画クリエイター選手権」を開催いたします。

イベント特設サイト:https://lp.techplay.jp/plm/

PLMでは、2012年にリーグ公式動画配信サービス「パ・リーグTV」を開始し、インターネットを通じたLIVE配信に取り組んできました。近年は、LIVE配信にとどまらず、プロ野球の幅広い魅力をファンのみなさまにお届けするため好プレー珍プレーの特集動画など、様々な切り口で動画を配信しています。パーソルグループは、2018年シーズンより、パ・リーグオフィシャルスポンサーとして、これらの取り組みを支援してまいりました。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響から球場での観戦に制限がある今、特集動画や試合のハイライトなどを公開している「パーソル パ・リーグTV公式YouTubeチャンネル」の総再生回数は6億回を突破したほか、2020年8月の月間再生回数ランキングでは、スポーツジャンルで1位であるだけでなくYouTube全体の9位にもランクインするなど大きく成長を続けるなど、インターネットを通じて簡単に観ることができる野球動画への注目は日々高まっていると考えています。

このような状況を受け、これまで数多くのIT関連イベントの開催実績を持つTECH PLAYとパ・リーグ主催試合の映像を多数保有しているPLMが共同で、2020年にパ・リーグで行われた試合の動画データを素材に、野球ファンが盛り上がれる新たな動画コンテンツを制作する動画コンテストの開催に至りました。

本コンテストは、動画クリエイターや野球ファンから、「ファンを熱狂させる野球動画」をテーマとした動画企画を募集し、テーマに沿った企画の立案者を選考します。選考を通過した方は、 PLMから動画制作に必要な過去の試合動画データの提供を受けた後、企画立案した動画を制作していただきます。制作された動画コンテンツは、パーソル パ・リーグTV公式YouTubeに公開。パーソル パ・リーグTV公式YouTubeチャンネルでの視聴回数を加味した上で、元北海道日本ハムファイターズ 森本 稀哲 氏、映像クリエイター 伊納 達也 氏、パシフィックリーグマーケティング株式会社執行役員 佐々木 将之 氏 の審査によりグランプリを決定いたします。

■日程

企画公募期間 2020年9月4日(金)〜2020年9月14日(月)
選考企画発表 2020年9月18日(金)
動画制作期間 2020年9月19日(土)〜2020年9月30日(水)

パ・リーグTV 制作動画公開

2020年10月2日(金)〜
グランプリ発表イベント 2020年10月17日(土)19:00〜 ※オンライン開催

■参加方法について

●参加資格

・動画編集スキルを有する方(チーム参加の場合、1名以上が動画編集スキルを有すること)
・9月19日から9月30日までの編集作業、10月17日のグランプリ発表イベントに参加可能な方
※:参加者の年齢・居住地域は問いません。
※:未成年者の場合、保護者の同意が必要となります。
※:チーム参加の場合、最大3名までのチーム構成を参加条件としています。

●募集する動画企画テーマ

・ファンを熱狂させる野球動画

●ご参加までの流れ・参加方法

以下、URLより「応募要項」をご確認ください。
https://lp.techplay.jp/plm/

■審査員

森本 稀哲
元プロ野球選手 / 講演家 / 野球解説者

高校野球の名門・帝京高校の主将として甲子園に出場。1999年ドラフト4位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団。2006年には1番レフトとして活躍、チームを日本一へと導く。その後、2011年横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。2014年、埼玉西武ライオンズへテスト入団。2015年9月、17年間にわたるプロ野球人生を終え、現役を引退。通算成績は、1272試合、3497打数904安打、33本塁打、521得点、267打点、106盗塁、打率.259。2006年、2007年はパ・リーグ最多得点。2006年から2008年まで3年連続ゴールデングラブ賞を受賞し、2007年ベストナインに選ばれる。現在は、野球解説やタレントとしてテレビ・ラジオ出演のほか、講演活動も行っている。

○伊納 達也
映像クリエイター / 株式会社inaho代表

東映CM株式会社を経て、2014年から株式会社umariにて様々なソーシャルプロジェクトの映像のディレクションを担当。その後、株式会社inahoを設立し、2019年からは栃木県鹿沼市にスタジオを移転。スポーツや教育など様々な分野で「挑戦する人々」を描いたノンフィクション映像の制作に取り組む。

佐々木 将之
パシフィックリーグマーケティング株式会社
執行役員 メディア事業本部 本部長

埼玉西武ライオンズの経営改革において、マーケティング、事業責任者を歴任。プリンスホテルを経て、2018年よりPLMでパーソル パ・リーグTVを含むメディア事業全般を管轄。コンテンツ、テクノロジーそしてファンマーケティングの融合を通じて、新たなプロ野球ファンの創出を目指している。

今後も「TECH PLAY」では、テック人材が学び・つながる機会の創出など「実現したい世界のためにテクノロジーを駆使し、新たな価値を創り出す挑戦者= TECH PLAYER」に対する各種支援を通じて、日本のデジタル化促進に貢献してまいります。 

■「2020年度 パ・リーグオフィシャルスポンサー パーソル」について

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに掲げ、プロ野球選手や監督はもちろん、スタッフの方々やファンの皆さまなどパ・リーグに関わるすべてのはたらく人々を応援するため、3年目となる2020年度もパ・リーグオフィシャルスポンサーを務めさせていただいています。
しかしながら、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、これまでと同じようにファンの皆さまと一緒に野球を楽しめない日々が続いております。この状況下において、これまで以上にパーソルとパ・リーグが手を取り合って、皆さまの笑顔を増やすためにできることは何かを考え、野球を通じてこれからの皆さまの「はたらいて、笑おう。」を応援していけるよう尽力してまいります。
今年度の取り組みなどの詳細は、後日下記パ・リーグ特設ページや球団公式サイトにて発表いたします。
パ・リーグ応援特設ページ:https://www.persol-group.co.jp/special/pacificleague/index.html

■パ・リーグ公式動画配信サービス「パーソル パ・リーグTV」

2020年もパ・リーグ各球団主催全試合をライブ配信するほか、2012年以降の過去試合見逃し配信や特集動画など、これまで以上にお楽しみいただけるリーグ公式動画配信サービス「パーソル パ・リーグTV」をファンの皆さまへ提供いたします。

■TECH PLAY(テックプレイ)について

TECH PLAYは、「実現したい世界のためにテクノロジーを駆使し、新たな価値を創り出す挑戦者= TECH PLAYER」を応援し、テクノロジーによる社会のアップデートを加速させていく組織です。15万人の会員に加え、過去600回以上のITセミナーの実績と様々なネットワークを持ち、テック業界から高い信頼を得ています。最近では、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援し、データとデジタル技術を活用する企業への変革を後押ししています。
TECH PLAYERの価値が高まり、志す人が増えることこそが、日本の産業全体のデジタル化を促進していくと信じ、テック人材のエンパワーメントを進めています。

■TECH PLAY 概要

名称  :TECH PLAY(テックプレイ)
所在地 :〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F
URL  :https://techplay.jp/

■パシフィックリーグマーケティング株式会社について

パ・リーグ6球団の共同出資会社として2007年に設立。「6球団でまとまったらよいこと」「1球団ではできないこと」を考え方の軸として、ビジョンに「プロ野球界、スポーツ界の発展を通して、日本の社会全体を明るく元気にしていくこと」、ミッションに「プロ野球の新しいファンを増やすこと」を掲げ、社会におけるスポーツの 新たな価値を提供できるよう、時代の環境変化に適応しながら、ビジョン・ミッションの実現のため事業を推進しています。

■パーソルイノベーション株式会社について

https://persol-innovation.co.jp/
パーソルイノベーション株式会社は、パーソルグループの次世代の柱となる事業創造を目的として、2019年4月に事業を開始しました。テックコミュニティサイト「TECH PLAY(テック プレイ)」、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」、シフト管理サービス「Sync Up(シンク アップ)」をはじめとした新サービスを運営するとともに、新たな事業開発やオープンイノベーション、デジタルトランスフォーメーションを推進、パーソルグループのイノベーションを加速していきます。

■「PERSOL(パーソル)」について

https://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

本件に関するお問い合わせ

パーソルイノベーション株式会社 広報室
TEL:03-6757-4259 | お問い合わせ

はてなブックマーク
Mail
ニュース一覧へ戻る