MISSION
メッセージ

高橋 広敏
世界を変える挑戦を、
志ある人々とともに
代表取締役社長 CEO 兼 パーソルホールディングス(株) 取締役副社長 COO
高橋 広敏
Hirotoshi Takahashi
これまでの人材サービスをアップデートしていく
パーソルグループは、人材派遣や人材紹介、求人メディアなどの各種人材サービスを、多くの個人・法人のお客様に提供してまいりました。これからは、既存サービスを拡充させるだけではなく、テクノロジーや世界中の様々な人々との共創を通じてアップデートしていくことにチャレンジしていきます。

また、個々人のライフスタイルや企業の経営スタイル・ビジネスモデルが変化していく中で、これまでサービスが十分に価値提供できていない領域があります。例えばパラレルワークやフリーランスの方々です。こうした新しい領域へ積極的にチャレンジしていくことも、取り組みたいことの一つです。

これまで立ち塞がっていた様々な障壁―雇用・就業形態の違いや、都市と地方、国内と海外の隔たりといったものも、テクノロジーを駆使することによって乗り越えることができるようになりました。これは、私たち自らの提供価値を変革していくためのチャンスだと捉えています。

テクノロジーは、人間を解放する
AIやロボットといったテクノロジーは、「はたらく」領域において、ややもすると人間の仕事を奪うといった文脈で語られがちです。しかし、これまでの歴史が示すように、それは人や社会をより良くするためにあると思っています。より創造的な仕事をするために、人間を解放するものだと。

一方で、変化の中でギャップに困る方もいらっしゃると思います。そうした方々が、変化を乗り越え、その人らしくはたらいて笑えるような支援も行っていきたいと考えています。ですから、教育・トレーニングの領域もこれからのパーソルにとって重要なテーマです。

パーソルだからこそできるチャレンジ
パーソルは、国内外で多くの個人・法人のお客様にサービスを提供しているからこそ、様々な試行錯誤ができます。
今後はますます、グループ内外、国内外を問わず、志を共にする方々と一緒に、世界を変えるような挑戦をしていきたい。
そして、パーソルイノベーションはそれを加速するための場所でありたい、と考えています。
岩田 亮
パーソルグループのイノベーションを
育み、羽ばたかせる
取締役 COO
岩田 亮
Akira Iwata
パーソルグループは、「はたらく」をより良くするために、総合人材サービス企業として、これまで多くのはたらく人々と企業との深い関係を築いてきました。
しかし、少子高齢化、労働力人口の減少、グローバル化など様々な問題が、企業とはたらく個人の双方に押し寄せる今、日本の労働市場は急激な変化の時を迎え、新しい雇用のあり方、新しいはたらき方が求められています。

パーソルグループは、そうした社会課題に対し、新たな解決策を提示していきたい。
世界の600を超える拠点、4万人を超える従業員をもつ※パーソルの、あらゆる力を結集すれば、きっと大きな力になります。

それを実行するのが、わたしたちパーソルイノベーションです。

パーソルイノベーションは、グループの発展・変革に資する次世代事業を開発するチームです。
グループ内外のイノベーションの種を見つけ、育み、スタートアップに近いスピード感で事業を創造していきます。

※ 2019年3月時点
友澤 大輔
”はたらく” に関する
デジタル変革のショーケースを創っていく
取締役 CDO
友澤 大輔
Daisuke Tomozawa
パーソルグループにおけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の目的は、大きく分けて二つあります。

ひとつは、「グループ横断でのソリューションを増やし、お客様への提供価値を高める」こと。もうひとつは、「グループとしての新しい価値を創造する」ことです。

前者については、グループ全体で提供している様々なサービスの連携を強化することで、お客様ごとに、もっと最適なソリューションをご提供できると考えています。グループ一丸となってお客様に向き合っていくための基盤づくりです。

後者の「新しい価値創造」においては、パーソルだけに閉じないでやっていきたいと考えています。外部のパートナーと一緒に、世の中を変えていく取り組みを、パーソルを実験場にして色々仕掛けていきたい。“はたらく”はパーソルだけの問題ではなくて、世の中全体の問題なので、オープンに取り組んでいきたいと思っています。

これらを実現するために必要なのは、まず「人」。情熱と想いのある人材をグループ内外から集めて、チームを強くしていくことです。個性ある尖った人たちと働きたい。
そして「データ環境・基盤の整備」。内外でコラボレーションしていくにあたって、このインフラ部分の整備は重要です。
最後に、「世の中に対する発信、提言や啓蒙活動」です。

足元の「デジタル化による改善」を着実に進めつつ、「DXによる未来像を構想して提言していく」という両輪をしっかり回していきます。

デジタル化はHR領域においても避けて通れない大きなトレンドです。
しかし、単に変化に対応することにとどまらず、パーソルだからこそできる「“はたらく” に関するデジタル変革のショーケース」を創り出すことに挑戦します。