人に向き合い、学びに成果を。 法人向けオンラインラーニング 人に向き合い、学びに成果を。 法人向けオンラインラーニング


選ばれる理由

研修コストパフォーマンス 160%UPの実績

01

学習計画達成率100%

学習計画達成率 100%

学びのコーチ試験導入社での計画学習時間の達成率(受講生全体の対計画学習時間)。

02

資格合格率30%→70%

資格合格率 30%→70%

学びのコーチ試験導入社でのプログラム導入以前と以後のAWS SAA合格率の比較。

03

学習継続意向80%

学習継続意向 80%

学びのコーチ試験導入社での事後アンケート「本プログラムに再度参加したいか」(とても+まあ)。

※ 導入企業のAWS-SAA研修で発注していた集合研修と比較し、費用削減効果20%、合格率15%向上。合格人数当たりのコストパフォーマンスは160%良化。

大手SIer・人事

組織の成長のカギを握る2:6:2の6に対しての研修ROIが上がった
大手SIer・人事

エンジニア、30代

一人だと「時間がなくて」など言い訳が出るが計画的にコツコツ勉強できた
エンジニア、30代

大手IT企業・人事

学習時間や理解度が見える化されることで学習効果も分かる、優れた成果も出た
大手IT企業・人事

エンジニア、20代

定期的な模試や勉強会で理解度を客観的に知ることができたこともとても良かった
エンジニア、20代

大手IT企業・人事

部下の成長は上司の仕事だが、既に他の仕事で手一杯の中で非常に役立った
大手IT企業・人事

エンジニア、30代

最初は時間を確保し辛かったが、土曜朝は朝食後10時からの学習が習慣になった
エンジニア、30代

エンジニア、30代

勉強会はワイワイみんなで勉強できて、毎週楽しみにしていました
エンジニア、30代

※ 写真はイメージです

これまでの研修の
問題点

従来型の研修プログラムは成果を出しにくく、
研修担当者の頭を悩ませてきました。
学習者全員が継続でき、成果を出せる新たな
研修プログラムが必要です。

01

手につかない

手につかない

なぜ今これをやるのか?一人ひとりへの動機づけが不足。日々の業務に追われ研修の優先度が上がりにくい。

02

身につかない

身につかない

一人ひとりの前提知識・理解力が異なり
一律カリキュラムは合わず、身につかない。

03

続かない

続かない

研修対象者の学習意欲・学習力に差があり、「全員を」ゴールまで向かわせることが難しい。

学びのコーチの

学習意欲を高める「ARCSモデル*」に基づいた
学習モデルだから学習の成果が違います。

学習モデル 学習モデル

*Keller, 1983, 1984, 1987c, 1992; Keller & Kopp, 1987

一般的な集合学習との
違い

受け身になりがちの「集中講義」はショートカットし、
一人ひとりの目標を自分ゴト化させる
「キックオフ」を個別に実施。
「自己学習支援プログラム」により、
合格率が高まります。

学習メソッド

学習意欲を高めるARCSモデル※1に基づいた
独自のメソッドで研修対象者一人ひとりの
学習効果を最大化します。

Udemy for Business※2
業務提携

最先端のITスキル学習で定評のあるUdemy for Business教材も活用します。

Udemy for Business

自分ゴト化目標設定

自分ゴト化目標設定

キャリアコーチとの対話で目標を自分ゴト化。テクニカルコーチとの対話で自分だけの学習計画を作成。研修が自分ゴト化する。

AIリコメンドエンジン

AIリコメンドエンジン

DX人材向けスキル定義による目標設定ツール(開発中)

学習管理

学習管理""

目標を達成する計画作成・進捗を管理します。

理解度テスト

理解度テスト

こまめな理解度テストにより学習効果を高めます。

チーム支援

チーム支援

受講者一人につき、キャリアコーチ × テクニカルコーチのチームがついて手厚い支援をします。

ピアラーニング

ピアラーニング

ともに学習する仲間と目標・実績を共有し、学び合えます。

※1 Keller, 1983, 1984, 1987c, 1992; Keller & Kopp, 1987
※2 ベネッセは日本におけるUdemyの事業パートナーとして2015年から提携をしています


システム

受講者それぞれに
「キャリアに特化したキャリアコーチ」と
「スキル習得に特化したテクニカルコーチ」がつきます。

キャリアコーチ

キャリアコーチ

日本最大級の人材会社パーソルの豊富なノウハウを生かした目標設定面談。

テクニカルコーチ

テクニカルコーチ

資格取得経験者や現役エンジニアといった実践的知識のあるコーチが、カリキュラムの難易度調整や質問回答などを行います。

パターン

御社既存の研修プログラムに組み込むことも、
イチから設計することも可能。
御社の部門課題・研修課題を踏まえて
最適なカリキュラムをご提案します。

最適なプログラムをご提案します 最適なプログラムをご提案します

導入事例

Python3を約2ヶ月で取得される場合

ステップ 使用する教材 種類 所要時間 学習目的 完遂基準
1 模擬試験①
※未受験者は別途Webで実施
社内実施 1時間 理解度確認 (9割取得者は5へ進む)
2 初めてのPython。少しずつ丁寧に学ぶプログラミング言語Python3のエッセンス Udemy動画 約4時間25分
全14回
Pythonの基本を学ぶ
利用ツール:Anaconda
100%
3 模擬試験②
※未受験者は別途Webで実施
Webテスト 1時間 理解度確認 (9割取得者は5へ進む)
4 初めてのPython3。経験が0からGUIアプリケーションを作れるまでの基礎力を! Udemy動画 約10時間29分
全13回
基礎から「Directory Maker」というツールを作れるようになるまで 100%
5 Pythonチュートリアル第3版
※1章から14章までを学習する
団体公式 約12時間 出題範囲の理解 100%
6 Pythonチュートリアル第3版
※出題率の高い、1/2/3/4/5/8/10/12/14章を重点的に学習する
団体公式 約8時間 より深い理解/不明点、疑問点の解消 100%
7 模擬試験③(②と同様) Webテスト 2時間 理解度確認 70%取得目標
スクロールする

※ Python3取得のためのモデルカリキュラム 学習時間=約40時間

情報

サービス紹介資料

サービス紹介資料
資料を希望する

ホワイトペーパー

「リスキリング」が必要な背景と求められる学習は?
資料を希望する

について

“人と組織”の課題解決に向けたご提案、
サービス・ソリューションのご提供を通じ、
お客さまの経営・事業・人事課題の解決をご支援する
総合人材サービスのパーソルグループです。

柿内 秀賢

柿内 秀賢事業責任者 / Managing Director

転職・採用支援サービス「doda」(パーソルキャリア)にてIT/製造業担当のキャリアアドバイザー・法人営業を経て首都圏IT業界担当の法人営業部長として事業推進。パーソルホールディングスにてオープンイノベーション推進部の立ち上げ、グループ横断DXプロジェクトの企画推進を担当。パーソルイノベーションにてラーニング関連事業の事業開発責任者として本事業を企画/立ち上げを経て現在に至る。

工藤 大助

工藤 大助Director

DNPにて業務コンサルティング、海外事業開発を担当後、パーソルホールディングスにて海外M&Aおよびグループ経営企画部長としてグループ全体の経営戦略策定と企業リブランディングを推進。新規事業創出組織(現パーソルイノベーション)設計のリード。経営の根幹としての組織開発、はたらく個人の学びに着目、2021年4月より現職。 MIT Bootcamp、MBA(組織マネジメント専攻)修了。

中村 友香

中村 友香Director

転職・採用支援サービス「doda」(パーソルキャリア)にてIT・インターネット領域担当のキャリアアドバイザー・法人営業を経て首都圏IT業界担当の法人営業部長として事業推進。同パーソルキャリアにて首都圏キャリアアドバイザー部長を歴任し、様々な業界・職種の転職希望者のキャリア支援に精通。パーソルイノベーションにて本事業の企画を経てDirectorに就任。国家資格キャリアコンサルタント。

仙波 敦子

仙波 敦子Director

出版社で児童書・教育書の編集及び海外版権売買など事業開発に携わった後、株式会社ドワンゴで通信制高校N高等学校通学コースの事業責任者として新規開校を牽引。その後業界最大級の教育Webメディアの運営責任者や慶応義塾大学SFC研究所でのキャリア教育研究・コンテンツ開発を経て、AIベンチャーの経営企画部部長として組織開発・IPO準備に従事。2020年7月より現職。経営学修士(MBA)。

プログラム詳細や料金プランなどは
お問い合わせください